・民法第752条
私の立場です。ここに明記します。
‥とはいえ、法なので、貞操義務は婚姻している日本国民全てに課せられた義務だと解釈しているのですが‥


・浮気心理〜浮気に負けないために〜
浮気に関しての考察です。本ブログこちらの記事にて批判したのですが、その後、真摯なコメントをいただきました。
学術的な立場ではない、とのことでしたが、学者ではありませんので、私も厳密さを求めるものではありません。

基本的にコメントは受け付けていないので削除させていただきましたが、引用、例示した為参考文献掲載に習い参考とします。

離婚問題解決法
浮気は民法に定めている不貞行為であり当然離婚の主因になりますが、それを「離婚する」という方向でアドバイスしている人物のサイトです。有料ですが(サイトを見るだけなら無料)巷にあふれいている情報がどういうものか、また何をポイントにそういったものを探せばいいのか、という視点でご覧いただきたい。記事にするまでも無いので、ご自身で確認していただければと思います。情報提供いただいたY氏に御礼申し上げます。

2015年06月25日

浮気問題を通じて

浮気問題を通じて考察するのに毎回つまずくのが、恋愛の自由性である。

これは、一方が既婚者であり、それをいわゆる浮気相手、不倫相手といった方がいいか…に黙っている場合に生じる場合である。

この場合、不貞が発覚し、慰謝料請求されても、不倫相手が既婚者として認識していないとなると、心理的には許せるものではないが、請求権はない。

ほとんどの示談で却下される。

一方で、相手も認識していたら、相手にも請求することができる。


…というのがこの「離婚する際の請求権」に関わることではあるが、今回考えているものはそういうものでない。

心理的な問題に関して論じたいのである。

もちろん、浮気男(このサイトの趣旨がそうだから、あえて男と断定する)に騙された、という被害も訴えることが可能である、が、その心理的な被害はかなりものもだろう。

いわゆる二股、などとは違う。恋愛時とは違うのだ。ましてや、相手に家庭がある場合、子供がいる場合など、自分のせいで相手の家庭崩壊を引き起こした、と自己嫌悪に陥る場合もある。

そうなると、恋愛恐怖症となり、その人が結婚に至るかもしれないような恋愛まで阻害してしまうのである。

このことから、浮気はやはり悪であるという結論に変わりはないのだが、より根深い問題を引き起こす。

なんとか根絶できないだろうか…人間が動物、もっといえば生物である以上、理性をもってしても、その本能にはかなわないのだろうか…
posted by 浮気男の心理 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 浮気心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。