・民法第752条
私の立場です。ここに明記します。
‥とはいえ、法なので、貞操義務は婚姻している日本国民全てに課せられた義務だと解釈しているのですが‥


・浮気心理〜浮気に負けないために〜
浮気に関しての考察です。本ブログこちらの記事にて批判したのですが、その後、真摯なコメントをいただきました。
学術的な立場ではない、とのことでしたが、学者ではありませんので、私も厳密さを求めるものではありません。

基本的にコメントは受け付けていないので削除させていただきましたが、引用、例示した為参考文献掲載に習い参考とします。

離婚問題解決法
浮気は民法に定めている不貞行為であり当然離婚の主因になりますが、それを「離婚する」という方向でアドバイスしている人物のサイトです。有料ですが(サイトを見るだけなら無料)巷にあふれいている情報がどういうものか、また何をポイントにそういったものを探せばいいのか、という視点でご覧いただきたい。記事にするまでも無いので、ご自身で確認していただければと思います。情報提供いただいたY氏に御礼申し上げます。

2014年06月13日

筆が鈍った

少々筆が鈍ってきてしまったように感じる。

なぜならば繰り返される不貞のニュースに関して飽き飽きしてるからである。

とは言え不貞=浮気は1人の関心事だ。

ワイドショーや低俗な週刊誌の格好の話題だ。

これは今に始まったことではない。なぜならば人間は本質的にはすくなくとも2000年以上その思考過程は大きく変わってきていないのであり、またいわんや大衆をや、である。

浮気とはあまり関係ないが現在の状況はすでに2000年以上前のソクラテスの国家に記されているように。

人間の嫉妬心や恋愛感などがギリシャの神々の物語、ギリシャ神話に表れているように。

いつかの記事で否定したかもしれないがいわゆる本能なのかもしれない。

なんて思いながらも、やはり相談を受け、不誠実な男に対して苦しめられる相談者を見るにつけ、このことに立ちむかわなければと思う私もいる。

悲しいかな、私のこの格闘は人々の不幸によって成り立っているのだ。
posted by 浮気男の心理 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 浮気心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。