・民法第752条
私の立場です。ここに明記します。
‥とはいえ、法なので、貞操義務は婚姻している日本国民全てに課せられた義務だと解釈しているのですが‥


・浮気心理〜浮気に負けないために〜
浮気に関しての考察です。本ブログこちらの記事にて批判したのですが、その後、真摯なコメントをいただきました。
学術的な立場ではない、とのことでしたが、学者ではありませんので、私も厳密さを求めるものではありません。

基本的にコメントは受け付けていないので削除させていただきましたが、引用、例示した為参考文献掲載に習い参考とします。

離婚問題解決法
浮気は民法に定めている不貞行為であり当然離婚の主因になりますが、それを「離婚する」という方向でアドバイスしている人物のサイトです。有料ですが(サイトを見るだけなら無料)巷にあふれいている情報がどういうものか、また何をポイントにそういったものを探せばいいのか、という視点でご覧いただきたい。記事にするまでも無いので、ご自身で確認していただければと思います。情報提供いただいたY氏に御礼申し上げます。

2011年06月28日

浮気の一番の罪‥家族崩壊

浮気の一番の罪はなんでしょうか。


それは、社会の最小単位を構成する家族を崩壊しうるという事です。家族の崩壊は社会の崩壊へとつながるというと言いすぎかもしれませんが、それを内包することに疑いはありません。

家族は、子供を育てると言う機能を持つからです。

浮気それ自体の倫理性の問題がその子供に与える影響はいうまでもありません。心理的影響だけでなく、経済的影響も与えうるのです。

浮気で両親が離婚し、片親となった時の心理的ダメージから、浮気した、つまり親がもう一方を裏切ったという心理的ダメージ、さらに離婚となり一方に捨てられたというイメージも、子供の成長には計り知れないダメージがあると思われます。

なので、古くは姦通罪、現在に至っては貞操義務が生じるのです。

では、彼氏と彼女といった、社会的に婚姻していない立場ではどうなんでしょうか。

もちろん罪は深いです。

なぜなら、それが結婚していようといまいと、相手を裏切ると言う行為は、心理的に相手にダメージを与えるものですし、先に述べた家族になった時に、同じことを繰り返す可能性が非常に高いからです。

過去にそのような経験があれば、夫婦関係を築いたところで心理的に罪悪感を感じていなければ、やはり浮気を繰りかえす可能性は高いのです。

一方が浮気をやめさせようとしても、恋愛関係の時に浮気を経験している場合、浮気を防止する事は困難となるのは、想像に難くないでしょう。


そしてそれはやはり子供にも影響し、成育期間の間に受けた親の浮気という心理的なダメージは、将来成人した時、恋愛でも結婚でも影響してくるでしょう。反面教師のように、

浮気した親のようには自分は浮気しない

ということであればよいのですが、それがもし

親も浮気してたし‥

というような心理だったら‥


悲劇は繰り返されるでしょう。


ですので、浮気の一番の罪は、家族を崩壊させうると言う事です。
ラベル:浮気 家族 崩壊
posted by 浮気男の心理 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 浮気心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。