・民法第752条
私の立場です。ここに明記します。
‥とはいえ、法なので、貞操義務は婚姻している日本国民全てに課せられた義務だと解釈しているのですが‥


・浮気心理〜浮気に負けないために〜
浮気に関しての考察です。本ブログこちらの記事にて批判したのですが、その後、真摯なコメントをいただきました。
学術的な立場ではない、とのことでしたが、学者ではありませんので、私も厳密さを求めるものではありません。

基本的にコメントは受け付けていないので削除させていただきましたが、引用、例示した為参考文献掲載に習い参考とします。

離婚問題解決法
浮気は民法に定めている不貞行為であり当然離婚の主因になりますが、それを「離婚する」という方向でアドバイスしている人物のサイトです。有料ですが(サイトを見るだけなら無料)巷にあふれいている情報がどういうものか、また何をポイントにそういったものを探せばいいのか、という視点でご覧いただきたい。記事にするまでも無いので、ご自身で確認していただければと思います。情報提供いただいたY氏に御礼申し上げます。

2011年06月21日

浮気チェック心理テストは正しい?の続き

では、浮気をどうとらえるのか。

それは、罪とか罰とかをテーマにしている神学や哲学、倫理学に行きつくものだと思うようになった。

もっと言ってしまえば、存在論的な観点から哲学っていうところまで行くと思います。

浮気に何を大げさな‥

という方がおられるのは承知ですが、私の立場としては、そうせざるを得ないと考えます。

なぜなら、浮気とは人間の根源的な様態を否定する可能性のあるものだからです。

キリスト教的道徳観に持ち込みたいのではなく、そもそもなぜ浮気は浮気としてあり、そしてそれを罪として捉えなければいけないか、または捉えているのかを考察しないと、浮気男の心理という糞みたいな(失礼)ものを理解する事は不可能だと思ったからです。

‥とはいえ、言葉や論理が日常語からかなりかけ離れること、そしてそれを私自身の力量では訳せないことから、この論を終わろうと思います。

なので、これからはなるべく日常に即した形での浮気心理に関する論を述べたいと思います。

なお、いくつか参考とするホームページも掲載する予定ですが、もし考察してほしいホームページがあれば、そのURLをお知らせ下さい。コメント欄でかまいませんので。
posted by 浮気男の心理 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 浮気心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。